vodka is the enemy of production!

人間の行為によって地球温暖化が起こっていることを認めない保守的なアメリカ人はよく、その科学的証拠に対して懐疑的だからとか言うよね。

 

(アメリカ人以外の地球温暖化を疑う国民はほぼいないよね。)

Conservative Americans who deny climate change often say they do so because they're skeptical of the science that purports to prove that humans are causing it.

 

(It's only really Americans who deny it, by the way.)


しかし同じ人らが今度癌に罹ってしまったら、化学療法に対して懐疑的にはならないだろう。なる人はきっと少ない。化学療法もあの不誠実な科学の野郎に基づいているのに。どこかで矛盾している気がするけど、気のせいか。

But I suspect very few of these people are skeptical of chemotherapy, especially when they've got cancer. This is regardless of the fact that all it's based on is perfidious science. Which strikes me as rather inconsistent of them.


そして不思議なことで電球や冷蔵庫やDVDプレイヤーが基盤とするテクノロジーも懐疑的に考える様子が見られない。

We also see little evidence that any of them are skeptical of the science undergirding light bulbs, refrigerators or DVD players.


しかもジェイムズ・ブレイクとかがシンセサイザーを使ってアルバムを出してグラミー賞をとったら、シンセサイザーが基盤とする科学を懐疑的に考えてそのアルバムの存在を疑ることもないみたい。

And when James Blake or somebody uses synthesizers to make an album and wins a Grammy, you don't see Americans insisting that, because they're skeptical of the science behind synthesizers, the album actually must not exist.


じゃあ、そのピンポイントした懐疑的な思考はどこから生まれるのだろう?

So then where is this highly pinpointed skepticism coming from?


そんなことなんてここでは起こるまいと信じているかな。「ここ」というのは、地球。

Perhaps they're exceptionalists. It can't happen here. "Here" being the Earth.


それとも密かに世界の終焉を期待しているのかな。イエス様が早く戻ってくれるために。

Perhaps they secretly want the world to end, so Jesus will come back sooner.


それとも地球温暖化が実際に起こっていると信じるような人のことが嫌いだから、その説まで嫌いになっているかな。

Or perhaps they don't like theories of global warming because they don't like the sort of people who believe those theories.


そんなバカな考え方をきっと僕だってしてしまうから、他人もそうであっても無理はない。

I can imagine myself being as stupid as that, so I wouldn't put it past other people either.