色んな汗を掻く彼氏さん

福島第一原発事故の余波で流行った原発反対運動のほとぼりは今にもほそぼそと続いているね。たまには目に入る街宣車やポスターなどあるね。

You still sometimes see remnants of the anti-nuclear movement that arose in Japan in the aftermath of the Fukushima disaster. Occasional trucks with loudspeakers, the odd poster, etc.


しかし同じ頃に起こっていた省エネの運動はすっかりと終わっているよね。しばらくはみんながなるべく電力を控えようとしていたが。

But the movement to reduce electricity consumption, which arose at the same time, has vanished without a trace.


原発反対という気持ちは僕は非難しないよ。僕も賛成者。

I'm sympathetic to the anti-nuclear movement.


だが「炭素放出反対」という運動が日本であまり見ないことは残念だ。

But it's a shame that you don't see a concurrent "anti-carbon emissions" movement in this country.


原発を完全に無くしたら国の一つの危険はなくなるが、電力の需要が減らないとその分石炭や石油の消費が増える一方だ。炭素放出の問題はむしろ募るんだ。

Getting rid of nuclear power would make the country safer, of course; but if the demand for electric power doesn't reduce, we just end up burning more coal and oil. The carbon emissions problem remains unchanged.


でも僕だって「誰かがどうにかしてくれないか」程度だな。一人が動いていても、みんなが動いていないと意味がない、という思考で、誰も動かない。そういうよくあるいたちごっこだね。

But even I just sort of think, "Hey, somebody should do something..." Even if one person acts, if everyone else isn't acting then the benefits are negligible... and so thinking, nobody does anything.


今回のブログ記事だってここまできて、終わってしまう。

Even this blog post, having come this far, stops here.