己対己

僕はこの階段が本当にたまらない。本当に都内屈指の素晴らしい階段なんだ。

I honestly cannot get enough of these stairs. They're my favorite stairs in Tokyo.


見てみてください。

Take a look.


地下鉄東西線の某駅の、ホームと改札口をつなぐ階段。

These stairs connect the platform and the exit in a certain station on the Tozai subway line.


この階段を設計した人はきっと、当初は壮絶な大志を抱いて手がけたに違いない。下から取り掛かったんだろう。下の方は広くて豪快な階段なんだね。

And it's evident that whoever designed them began with grand ambitions. The stairway spreads out ever so majestically at the bottom; one surmises that they must have started building bottom-up.


だがしかし、途中でとんだ目に遭ったのだ。

But midway to the exit, unforeseen disaster struck.


壁だ。

A wall.


左側の方がすっと改札前へと上がるんだが、右側は壁まで上がっては果ててしまう。窮したものなのだ。

The left side of the stairway rises upward uninterrupted, but the right side terminates in an imposing wall. Drat.


仕方がないか。

But there was no help for it.


そしてホームから改札へと駆け抜けるサラリーマンがついつい壁に正面衝突してしまわないように、手すりを設置するしかなかっただろう。

And so the designers were left with nothing to do but install a handrail, to prevent morning commuters sprinting up the stairs from running face-first into the wall.


いやぁ特にこの手すりは、なんともいえない。

This is my favorite handrail in Tokyo.