the butterfly trainer

この間僕の気心の知れた友人に「デールの日本語が下手になってるんじゃない?」と指摘した。「最近日本語をあまり使ってないでしょう?」

A Japanese friend who's got me well figured out recently asked me, "Hey, you're getting worse at Japanese these days, aren't you?" She speculated that perhaps I haven't been speaking it much.


確かに英語を話すことが多くなっているかも知れない。音楽活動をほぼ止めているし日本人の友達と遊ぶことも少なくなってきた。(日本人じゃない友達ともあまり遊んでいないが。)職場は一応バイリンガルな環境なのだけど、英語の方がやはり多いと思う。あと、勉強もほぼしなくなっている。

And she's right that I haven't. I've more or less stopped being active in music, where I used to speak Japanese exclusively, and I don't do much with Japanese friends (or non-Japanese friends, for that matter). My workplaces are nominally bilingual, but English still predominates. And I can't be bothered to study much.


そういうことはあるけれど、それよりも心が日本語から離れようとしている気持ちがする。思考そのものに言語があるかは分からないけど、頭の中の考えが徐々に英語の方に傾いているような感じがする。

But while all this is true, I feel even moreso that my thoughts themselves have tended to lean away from Japanese, toward English. I don't know if thoughts themselves have a language, but that's how it feels these days.


なのでこのブログも、以前は片方の言語(英語か日本語か)でアイデアが浮かんで先ずそちらの言語で記事を書いてからもう一方にも表すこともあり、部分的に表現したいことが英語で浮かんだり日本語で浮かんだりすることもよくあったが、近頃はほとんど英語だけだ。

Which is why when I write this blog—which I used to conceive and compose in either language and then rewrite it in the other, or to bounce back and forth from one paragraph to the next—I generally write it now only in English.


そしてその英語を後から日本語に直しているだけという次第だ。

And the Japanese running down the other side is a mere translation.


これより一本前のブログ記事は特にそうだったのだ。英語だけの長文をオンライン英和辞典でちょこちょこ調べながら綿密に翻訳したのだけど、出来上がった日本語が非常に機械的なものだったに違いない。

The blog post before this one was particularly so. After writing the entire thing in English, I meticulously translated word-by-word, making frequent reference to an online E-J dictionary. The result was mechanical and clumsy.


そりゃすまん。

Sorry about that. (To any Japanese readers.)


罪滅ぼしのために今回の記事は逆の過程で書いたよ。日本語から英語。下手は変わらないだろうが。

To atone, I've written the post today in the opposite direction. Japanese to English. The quality presumably remains consistently poor, though.


でもそれは敢えて謝らないでおく。

For that, though, I do not apologize.