amorous echolalia

ただの偶然だろうが、近頃読み物でも聴いているポッドキャストでも会話でも、英単語のguilt(罪悪感)とshame(羞恥心)の意味の違いが述べられていた。あくまでもそれはその言葉の英語でのニュアンスの話だね。

It so happens that in more than one place recently—in reading, in conversation, and in listening to podcasts—I've seen or heard explanations of the difference between guilt and shame.


Guilt(罪悪感)とは自分の非行への意識のことだという。その反面shame(羞恥心)とは自分の根本的な不良への意識のこと。日本語の「罪悪感」と「羞恥心」にもその意味の差異はあるのかな。

Guilt, they say, is awareness of wrongdoing. Shame, however, is awareness of innate badness.


したがって、過去の非行を償おうとすれば罪悪感を除くことができるが、羞恥心は自己の一面であり、脱することは一切できない。

Thus, feelings of guilt can be purged by trying to atone for past action. But shame is a dimension of the self and is inescapable.


同じ理由で、羞恥心を回避するのも無理だろうが、罪悪感なら恐らく防げるだろう。でもどうやって?

For the same reason, while avoidance of shame may be hopeless, perhaps guilt can be avoided. How?


人工妊娠中絶率を下げたければ手頃で手に入れやすい避妊法を増えればいいという意見もあるよね。計画外妊娠が少なければ中絶も少なくなる。

Some say that, if you want to lower rates of abortion, proliferate readiily available contraception. Fewer unplanned pregnancies, fewer abortions.


同じように、離婚率を下げようとするなら、どの恋愛関係でもその結末が結婚に決まっているという固定観念を先ず破棄するのだ。慌てて結婚する者が減れば離婚も減るのだ。

Likewise, to reduce rates of divorce, jettison the idea that the predetermined outcome of any romantic relationship must always be marriage. Fewer hasty marriages, fewer divorces.


さて、善くない言動に起因する罪悪感を減ろうとするなら、悪さものを辞めればいい。でもそれは一体どうしたらできるのだろうか?

So, there we have it. To reduce guilt, reduce the bad action that leads to it. But how in the world can you do that?


やはり、根本的に悪いから無理なんだ。(羞恥心はそう教えてくれるのだ。)

After all, you're fundamentally bad. (Your shame told you so.)