誉められる用意はいいよ!

消しゴム。シャーペンの芯。縫い物用の糸。これらは最後まで使うことのめったにないものだよね。

 

ほとんど使い切ったら最後のかけら、最後の切れ端は小さ過ぎて使えないから捨ててしまうしかないよね、普通は。

Erasers. Automatic pencil lead. Bits of thread. These are things that you basically never use all the way up.

 

You use them most of the way up, and then the last tiny bit left over is too small to use, so you've got to throw it away.


僕、長年可愛がってきた消しゴムを、もう少しで最後の最後まで使い切りそうなところに、失くしてしまったの。言葉に表せないほど悔しいのだ。

I had an eraser that I'd cradled for years, using and using, and there I was on the verge of actually using it up. And then I lost it. Words cannot express my remorse and frustration.


買ったときは完璧な長方形だった。青と白の紙に包まれていた。職場の近くにある文房具屋で購入した。柔らかさもちょうど良い感じ。かさかさで消しているうちに崩壊するやつもあるけど、そいつは違った。

When I bought it, it was a cleanly chiseled rectangle. It had blue and white paper round the center. I got it at the stationer near where I worked. It was nice and soft. Some of these erasers, they're too hard and dry and they disintegrate. Not mine.


買った物に対して責任感を覚えてしまうタイプだ、僕は。

I'm one of these guys who feels responsible for the things he buys.


時々人は僕の消しゴムを借りていたが、必ず返してもらってきた。筆箱にしまっていた。筆箱から取り出して、使って、必ず戻すことにしていた。

People would sometimes borrow my eraser, but I always made sure to get it back. Into the pen case with it. I'd take it out of my pen case, use it, and then make certain to put it back.


そして小さな小さな王様と同様に、年月が経つにつれて僕の消しゴムが小さくなっていった。

And like the little king December, the more my eraser aged, the smaller it got.


自分が買った物に対して責任感を覚えてしまう人の、その物をもう少しで潔くすっかり消耗するという時の満足感を、想像できますか?

Can you imagine the sense of satisfaction that grips a person who feels responsible for the things he buys, when he's about to properly use something up?


仕事の最中だった。何かを書いていた。あ、字が汚い。消して書き直しておこう。と思ったら、筆箱から消しゴムを取り出して、字を消して、書き直した。が、その消しゴムを、どこに置いたのだろう。気がついたら見つからない。

So it was during work. I was writing something. My writing was messy. I'll erase and rewrite it. I get my eraser out of my pen case. Erase, rewrite. But. Where did I set down my eraser? Now I can't find it.


机の上のどこにもない。机の下の床の上にもない。人に尋ねるが、見ていない。知らない。会議が終わったら全員会議室から去る。皆いなくなった会議室でもう一度徹底的に探す。見つからない。ポケットの中にもない。

It's neither on nor under the table. Not on the floor. I ask the other people, have you seen my eraser? They haven't. The meeting ends. Everybody leaves the room. I conduct another thorough search. Check my pockets. No sign of it.


未だに信じられない。

I still can't believe it.