嫌いは好きの延長線上

昨夜は珍しく夢を見たよ。

 

普段夢を見ない。一年に3、4回しか見ないと思う。

 

それとも見ていても記憶に残らないのかも知れない。脳みその野郎は信用できん奴だな。

I hardly ever dream, but last night I had a dream.

 

I think that I only dream maybe three or four times a year.

 

Either that, or I'm dreaming every night and just not remembering them in the morning.


夢の内容は、僕がTOEICテストでかなり良い点数を取れて、みんなに自慢していた。

 

実際は英語が母国語なんだけど、一応。TOEICテストを受けることもないはず。

In the dream I'd gotten a really good TOEIC score, and I was going around telling everybody. Totally proud of it. Though in fact I've never taken the TOEIC and never shall. Being, you know, an English speaker.


夢とは下記のどれか、あるいはどれも:

  • 運命からの伝言
  • 脳みそが未解決の思考を掃除しているという作業の副作用
  • 源の知れない黙示
  • アホらしい

Dreams are one or all of the following:

  • Messages from fate
  • Your brain cleaning out unresolved thoughts
  • Prophecies of unknown provenance
  • Boring and stupid

でも「夢を全く見ない。それとも毎晩見ているけど起きたら全く記憶に残っていない」という考えは興味深い。日常生活でもそんなことはあるのかな。

But the idea of "I never dream; or, I dream every night but do not remember in the morning" is an intriguing notion. What if it happened in waking life too?


「ワルシャワに行ったことがない。それとも行ったけれど記憶に残っていないかも知れない。」

"I've never been to Warsaw; or, I've been but do not remember going."


「5かせ分の毛糸を紡いだことがない。それとも紡いだけれど記憶に残っていないかも知れない。」

"I've never spun five skeins of yarn; or, I have done but do not remember doing it, or how to do it."


「家にローズのエレキピアノがない。それともあるけれど記憶に残っていない。」

"I do not own a Rhodes electric piano; or, I do but have no memories of seeing or touching it."


「あなたは僕の命をかけて愛する人じゃない。それとも愛しているけれど記憶に残っていない。」

"You are not the undying love of my life; or, you are but I have no recollection of you."