retroactive discontinuity

あなたは裏玄関から飛び出て、親父ったらがほったらかしに置いていたレーキがそこの地面にあって、レーキの歯の部分を踏んづけてしまって、柄が上へと回ってきてあなたの顔に勢いよく衝突した。くちびるも腫れ上がって鼻血も出た。だが、全く痛くない!

You went running out the back door, where your dad had left a rake on the ground, and when you stepped right on the tines, up swung the handle and bashed you in the puss. Bloody nose and a fat lip. But did it hurt? No!


それとも、押し入れの中をかき回して漁っていたら一番上の棚からボーリングボールが落っこちてきてあなたの頭をゴーンとぶっちゃったあのときは、痛かったのか?全然!

And how about the time you were rummaging through your closet and the bowling ball on the top shelf rolled off and beaned you right on the noggin? Did it hurt? No!


そしてもちろんあの、顔にクリームパイがかかってバナナの皮に滑って上からかなとこが落ちてきたという事件もあったでしょう?体中の骨が折れたに違いないよね。でも、全く痛くなかったね!

Not to mention that incident with the cream pie in your face, the banana peel, and the falling anvil, right? You must have broken every bone in your body. But did it hurt? No!


だって、痛くない怪我は怪我じゃないからさ。

Because a hurt that doesn't hurt is no hurt at all.