鼻息合唱

ここ20年以上ずっと考えていないことを急に思い出した。小学校や中学校の頃の話。

I just recollected something that I haven't given any thought for more than twenty years. It was when I was in elementary and junior high school.


机の上を見下ろしていると急に、自分が上へと浮いていっているような嫌な感じがすることはたまにあった。

I'd be looking down at my desk and suddenly get this nauseous feeling that I was floating upward.


幸福な高揚感とは違う。

It wasn't like a euphoric floating feeling.


むしろ自分から机の上までの距離を測る能力を失ってしまったみたいな気分だった。

It was more like I'd lost contact with the ability to gauge the distance from me to the desktop.


そして微々たるろうばいもその浮いている感じに伴った。ろうばいというか不安というか。だが何に対して不安か自分でもよく分からなかった。

This feeling would be accompanied by a very slight amount of panic. Or worry? But not having a clear notion of what I was worried about.


なんだったのだろう。

I wonder what that was.