you can't handle the truthiness

逆夢が転々とつづく。

Your fevered dream starts skipping from scene to scene.


ある女性の話:「私が恋人と呼んでいた男は、背の高いイラン人だった。『顔が見たくなったから』以外の日本語を一言も覚えていなかった。建築士や航空会社の操縦士みたいな、なんとなくセクシーと思われる職業をしていた。身体は鍛えられていた。寡黙でハンサム。たまに私が、世界が終わりはやっと今日なのかなと、ベランダで煙草を吸いながらぼんやりと考えていたときに、彼が何の前ぶりもなく現れた。『顔が見たくなったから。』一緒にお風呂に入って、翌朝彼はまた帰る。」

A woman's story: "I called him my lover. He was tall and Iranian. The only English he knew was, 'I felt like seeing your face.' He worked in a sort of sexy profession, an architect or airline pilot or something. He kept fit. He barely ever spoke and his face was handsome. Sometimes I'd be out on the veranda, smoking a cigarette and wondering if today was the end of the world, and he'd show up at my apartment without warning. 'I felt like seeing your face.' We'd take a bath together and he'd go home the next morning."


ある兵隊の話:「間違った丘を上らせられた。銃に間違った弾薬が込まれた。間違った大将の下に置かれた。軍艦が一つの間違った方角に向けられ、戦闘機がもう一つの間違った方角に向けられた。軍旗は間違った色だった。間違った位置から間違った敵を攻撃した。俺は間違った場所に立っていた。間違った時にそこにいた。自分に当たる弾は決して聞こえることはないのだ。俺が漏らし、ぶくぶくし、うめき、薄れていく。祖国よ。祖国よ。祖国よ、俺を無駄にしたのだよ。」

A soldier's story: "They sent us up the wrong hill. They filled our guns with the wrong ammunition. They put us under the wrong general. They pointed our boats in one wrong direction and our planes in another wrong direction. Our flag was the wrong color. We attacked the wrong enemy from the wrong position. I was in the wrong place. It was the wrong time. You never hear the one that hits you. I leaked, I bubbled, I groaned, I faded. My country. My country. My country wasted me."


ある調査官の話:「独り暮らしをしていた一人の女性、地域で謎めいた存在であり、娼婦だとうわさされ、広く見下されていた女性が、40歳で脳梗塞で自宅で即死した。その死体が発見され、我々調査隊が呼ばれる。押し入れの中に、プラスチックシートに包まれた4人の死産した胎児のからからに乾燥した残骸を発見。女性の日記は(その胎児のことに一度も触れないが)果てしない悲嘆と孤独の記録だ。」

An investigator's story: "A solitary woman, an enigma and object of derision in the community, long rumored of being a wanton whore, falls dead at forty of a cerebral infarction. Her body is discovered and we're called in. In her closet we discover, wrapped in plastic, the desiccated remains of four stillborn babies. Her diary, which makes no mention of the children, is a bleak record of heartbreak and loneliness."