…いいえ…

愛という感情は子を作るために人間をだます幻想に過ぎないとショーペンハウアーという哲学者が言ったそう。この間どこかでそういう話を聞いて考えさせられた。

 

愛はただの幻想だけなのかな。

I've heard that the philosopher Schopenhauer said that all the feelings of love are simply an illusion, the aim of which is to fool us into procreating. This got me thinking.

 

I wonder, is love an illusion?


愛情にだまされることが多いという世の中の常識もあると思う。その反面、自分が経験している感情は本当の感情じゃないとは言い切れるのかな。

It's a bit of a cliché to say that love blinds us. But can you really say to a person that they do not actually feel what they think they feel?


というか「この感情を感じていると思う」というのも間違い。「感じていると思う」ではなく「感じている」だ。

Even that seems incorrect. We don't "think we feel" things. When you feel something, you feel it.


なので感情そのものは絶対に幻想じゃないと僕は思う。ただし、その感情がほのめかす具体的な考えやアイデアなら、間違ったりする傾向は確かにある。

So I would submit that while our feelings are always real—as feelings, beyond doubt—the concrete thoughts or ideas that our feelings suggest to us are prone to illusion.


例えば「彼のことを愛している。彼の勇気が素晴らしくて、顔がとてもハンサム。人生の伴侶として私にちょうどいい」と言う女性がいる。

For example, a girl says, "I love him. He's so brave and handsome. He's perfect for me."


ただし、彼に勇気がまったくないこと、彼の顔が中の下ぐらいということ、彼と彼女の性格が根本的に合っていないことが周りの人には明らかだ。

But to everyone around her, his total lack of courage, his rather homely face, and the basic incompatibility of his character with hers is plain as day.


それにしても、彼女が言うことの最初の方(彼のことを愛している)は間違いなく本当のことだ。幻想であるのは、愛に示唆されているそれ以降のこと。

Nevertheless, the first part of what she says—"I love him"—is true beyond doubt. It is all the other stuff, which her love has suggested to her, which is illusory.