pax-nemesis

フロイトが「病から得る利」に触れることはあった。

 

ノイローゼにかかった患者の中で、何かの苦しみや逆境を逃れるために(無意識にでも)そのノイローゼになった例もあるとフロイトが見なした。そのノイローゼに逃げ込んで苦しみから避難する。

 

そして彼は場合によってそれを正当と認めた。

Freud used to talk about gain through illness.

 

He observed that some patients seem to become neurotic because mental illness could give the patient (who might not even realize this was happening) a refuge from pain or conflict.

 

And Freud thought that, at times, this was justifiable.


この間のブログ記事で僕が書いた一つの発言を振り返ってみたら、ちょっとアホなことを書いたなと思った。

In a recent blog post, I wrote something that, upon further reflection, seems a little dumb.


こういうことを書いた:

Here's what I wrote:


僕にとっては悲しい歌、暗い話、ひねくれた映画、落ち込ませる絵画の方がいい。なぜかというと先ずは、性質に似合うから。淋しさが収まるから。それに、不快にさせてくれる作品がより正直な作品だけでなく、ある意味ではより楽観的な作品だ。作品が表現している暗い現実よりもっといいものを想像するように仕向けるような刺激を与えてくれるからだ。

I prefer sad songs, dark stories, cynical movies, and depressing paintings. For one thing, they match my mood. I feel less alone. For another, art which makes you unhappy is not only more honest, but in a way more optimistic, because it prods your imagination into forming images of how things could be better.


「性質に合うから」その作品が好きというのは別にいいと思う。少し利己的な感じかも知れないけど、利己の専門家だからいいや。

The bit about liking art which matches my mood seems fine. A little self-serving, but self-service is what I do best.


しかしその次にくる「暗い現実よりもっと良いものを想像するように仕向ける」というところは、多分違う。

But the bit about prodding your imagination into forming images of something better, is probably a bunch of balderdash.


生活保護をもらうためだけに子どもを作った不届きな人、というアメリカの都市伝説を思い出す。子どもを作る理由として保護金を得ることだけじゃ宜しくないと、多くの人は思うだろう。

I'm reminded of the urban legends about poor people who had more babies just so they could get welfare. I think most people would feel that getting a bit of government cheese isn't the right reason to have a kid.


同じように、芸術作品から何かを「得る」ことを期待するのもお門違いだと思った。ほら、「数学力を育てるために子どもたちに音楽を勉強させよう」と言いやがる奴もいるじゃん?そんな感じだ。

In the same way, expecting art to "get us something" seems like barking up the wrong tree. It puts me in mind of those horrid people who say that public schools should teach music as a way of improving kids' math skills.


だから上記の記事を読み返したら、ただ煙を巻いているだけだと気づいた。ごめんよ。

So when I re-read what I'd written, I realized I was kind of just blowing smoke. Sorry about that.