純粋ないざさらば

自滅のほど

 

利己的なものは

 

なかなかない。

Hardly anything

 

is as selfish

 

as

 

self-sabotage.


逆夢のつづき。

You had another fevered dream.


きみが煙突掃除人だった。ロンドンの狭い煙突の中に身体が詰まってしまった。すすにむせる。髭に灰がつく。

You were a chimney sweep, stuck in a narrow London chimney. Choking on soot. Cinders in your beard.


連中が上からきみの腕を引っ張るが無理だ。今度は下から足を引っ張るがこれも無駄な骨折り。一向に動かない。

Your mates pulled your arms from above, but no luck. They pulled your legs from below, but you wouldn't budge.


だから煙を持ってくる。煙が下から段々積もって、うねって渦巻いて立ち上がってくる。きみの肌と洋服の間に染み込み、洋服とそのぶっきらぼうなレンガの間にも染み込む。

So they brought in smoke. The smoke built up from below, piles and piles of billowing smoke. It sept between your skin and clothes and the close tight bricks.


煙できみが充分に潤ったら連中はもう一度ズボンのすそをしっかりと引っ張って、きみがポンと滑って出た。

When the smoke had moistened you well up, they gave you another good tug on the pant legs, and out you slid.


連中がきみを近所のパブまで運んで、大きな木製のテーブルの上に寝かして麦酒できみの喉を湿らした。しばらくしたらきみが起き上がって、しゃべることもできた。

They carried you into a tavern, laid you on a greak oaken table and plied your throat with ale. After a moment, you were able to sit up and speak.


「ちょっとよくなった」

"Feeling much better, lads."


苦労のご褒美に連中は元気づける一杯をまた奢ってくれた。万歳三唱、背中をポンと叩く。そしてきみを仕事に戻らせた。

So, another bracing drink for your ordeals. Three cheers, a slap on the back, and they sent you back to work.