消毒歌

「助けてくれ」

 

と言える人は

 

助けてもらう権利があると

 

(勝手に)

 

思っている人に限る。

The only people

 

who can say "help me"

 

are those who presume

 

(perhaps without cause)

 

to deserve help.


狂科学者があなたの脳みそに針金を仕掛ける。スイッチを入れるだけで幻覚・幻聴・幻影をいくらでもさせることができるように。

A mad scientist rigs your brain up with wires. With the tap of a key, he can induce any number of sensory hallucinations.


何かのコマンドを打ったらあなたの右足が急にかゆくなってしまう。(手かせのせいで掻くことはできない)

He types in a code and your right leg is suddenly itchy. (You can't scratch it because of the manacles.)


もう一度コマンドを打ったらあなたが急に圧倒的な眠気を感じてしまう。彼がスイッチを入れ、外し、入れ、外す。機能を試しているみたい。

He types again, and suddenly you feel powerfully sleepy. He turns this on, then off. On, off, a few times, to test it.


その次のコマンドを打ったらあなたの左手が突然に燃え上がってしまう。耐えられない痛み。目で見ると手が実際に燃えていないことをすぐに確かめることはできるが、苦痛のあまり悲鳴を上げてしまう。

Next he types in a command, and your left hand bursts into flames. The pain is unbearable. You can verify visually that your hand is not on fire, but the agony makes you scream.


「大丈夫だよ」と狂科学者が言う。「痛みは本物の痛みじゃない。あなたの考え次第だ。」

"Don't worry," says the mad scientist. "Your pain isn't real. It's all in your mind."


違うかも知れないけど。

He may be wrong, though.