得意気な太陽

昔のさようなら

 

 

さようなら

 

と言わなくちゃ。

Time

 

to say goodbye

 

to an old

 

goodbye.


開放療法という精神科の療法がある。恐怖を克服するためにその不安や恐怖を何度も直面する。例えば蛇恐怖症の人なら、何度も蛇を持たせられる。100回もそれを行ったら蛇が怖くなくなるという結果を求める。

 

僕らはみんな死ぬみたい。

 

意識も感性も存在そのものを失うことを恐れる人間ら。

 

だが、生まれる前は当然のこと、生きていなかったのだ。ずっと世界が何気に存在していて、自分だけが存在していなかったが、それは別に平気だろう。そう考えて恐怖を覚える者はいないだろう。

 

自分が消えても世が勝手に存続しやがる。何度もその考えを思い巡らすうちに腑に落ちるのかな。

Lullaby (for bad children)

 

Go to sleep and dream away

Soon Mommy will put out the light

You've been a rotten brat all day

So I wish you a rotten night

 

Go ahead, wet the bed

Pull your little sister's hair

The crayon scrawl on the wall

You're the turd that scrawled it there

 

You may think you'll get away

With being a wretched little fright

All your life, and yes you may

Get away with it, you might...

 

Out goes the light, but Mommy's spite

Is not as effortlessly quenched

Go on, do wrong, but it won't be long

Till you taste maternal revenge