albumen skyline

僕らはいつも利己主義に従って振る舞っているという、ちょっと不思議な考え方が世の中にあるみたい。

 

だが、太ってしまうことがよく分かっているのにチョコケーキを食べ過ぎたい時とか…

There's this strange idea out in the world that we always act in our own self interest.

 

But when you want to eat too much chocolate cake even though you know it'll make you fat...


ドクターストップがかかっているのにお酒を飲み過ぎたい時とか…

Or when you want to drink to excess even though you know that the doctor said it'll kill you...


明日家賃を大家に支払わないとやつに絶対に追い出されてしまうことが充分に分かっているのに今夜はその家賃の分の金を娼婦やパチンコに浪費したい時とか…

Or when you want to take the rent money and spend it on prostitutes or pachinko even though you know that the landlord will boot you out tomorrow if you fail to pay him...


そういった時は、自分が自分と闘っているのだ。

At such times you find yourself combatting yourself.


なぜならそのほしいものとそのもう一つのほしいものが争っている。だから僕がパチンコの誘惑に負けずに家賃をちゃんと支払うとき、人々が「彼は利己主義に従って選択した」とは言うのだけど、本当は一つの利益をもう一つの利益より優先しただけだ。

Because the thing you want and the other thing you want are in conflict. So if I resist pachinko and pay the rent, people say I've behaved "in rational self interest" when all that's really happened is I've prioritized one self-interest over another.


上記のプロセスが自然で自動的なものだという思考がなぜ間違っているのかというと、現在の「自分の利益」と将来の「自分の利益」が同じものだと勘違いしているのだから。つまり現在の自分と将来の自分が同一人物であるという疑わしい概念に基づいているのだから。

And to assert that this is a natural or automatic process is to ignore the equal claims that present and future "self interest" make―which are based on the counterintuitive assumption that my present and future selves are the same person.


自分の利益を追求する前に、どの自分の利益を追求するか決めざるを得ない。

Before you behave in rational self interest, you have to decide in whose interest you will behave.