暗殺倶楽部

灼熱の雨降りが

 

地面を白く染める

 

神無月なのに

 

道の匂いは

 

夏。

white hot rain

 

stains the ground white

 

even in October

 

the street smells like

 

summer.


自分のことが大好きすぎる僕らの困った点は、どんなにあなたが僕らの素晴らしさを主張してくれても、僕らは絶対にその言葉を受け入れることはできないところだ。

The problem with people who love ourselves too much is that, even if you tell us how wonderful we are, we simply cannot accept it.


恋に落ちた二人の人は黙ったまま一緒に座って悲しみの想いに浸ることは時々あると思う。静かになって一緒に溜め息をつく。多分二人は、各々が独りであった頃を黙々と思い出しているのだろう。

Sometimes people who have fallen in love with each other will just sit together and be sad. They'll go quiet and sigh together. Perhaps they're silently remembering the times they were alone.


彼女を泣かせてしまった彼氏を決して許せない女がいる。でも彼女を泣かせる映画を観るために金まで出してしまうんだ。

She never forgave her boyfriend for making her cry. But she paid money to see a movie that would do the same to her.


本物の愛はパラシュート無しで落下するもの?

Does true love jump without a parachute?


死神があなたのぴんと張った不満な結び目を解けてくれるまでは、どう振る舞えばいいのだろう。困難を追っかけるか。それとも困難を避けるか。もしどうでもいいのであれば、困難にしよう。(だが、人を愛しているのなら、困難は厄介だ。)

Till death unties your tense dissatisfied knot, how should you govern yourself? Get in trouble? Or stay out of it? If it doesn't matter anyway, choose trouble. (But when you care for people, trouble can be hard.)


値しないほど恵まれた。「値するようになれ」と良心が言い聞かす。「どうせなれない」と心は答える。

Graced beyond desert: your conscience says, "Earn it"; your heart says, "You can't."