farewell to the anthropocene

絵暦

奇矯な億万長者が僕に提案した。「おまえを試したい。」

An eccentric billionaire came to me and said, "I want to give you a test."


彼は絶対確実な監視システムをあつらえて、僕をその下に置いていた。GPSや監視カメラ、赤外線センサーなど。徹底的な実物説明をしてくれたら、確かに僕がどこへ行っても何をしても、24時間無休に世界のどこでも、全てが観察されている。

He'd commissioned a foolproof surveillance system and trained it on me. GPS, hidden cameras, infrared sensors. He gave me a demonstration. Sure enough, no matter where I went, what I did, at all hours and everywhere, they could see what I was up to.


絵暦

聖書に書いてある「十戒」をちゃんと守れるかどうか、それは今回の「試し」だと。ちょっとでも破ってしまったら絶対に彼にばれるはず。

The test was to be whether I could obey the ten commandments without fail. If I broke even one, they'd know for sure.


ご参考までに、その十戒は下記のとおり:

  1. 主が唯一の神だと認めること
  2. 偶像崇拝をしないこと
  3. いたずらに主の名を口にしないこと
  4. 安息日を守ること
  5. 父母を敬うこと
  6. 殺人はNG
  7. 不倫はNG
  8. 窃盗はNG
  9. 虚言はNG
  10. 不当な切望はNG

Here's a list of those commandments, for reference:

  1. Have no other gods.
  2. No idolatry.
  3. No taking name of YHWH in vain.
  4. Observe the Sabbath.
  5. Honor parents.
  6. Don't murder.
  7. Don't adulter.
  8. Don't steal.
  9. Don't bear false witness.
  10. Don't covet.

絵暦

僕が一年間守れたら、その褒美は一億ドルだと。

if I could last a whole year, the reward was to be a hundred million dollars.


ここで億万長者が宣誓供述書を見せ、12人の弁護士たちを呼び出し、スイス銀行の口座番号を教えてくれ、色々な証拠によってこれが疑いもなく確実に本当の話を証明してくれた。

At this point the billionaire actually produced a sworn affidavit, brought in a dozen lawyers, showed me the Swiss bank account number, and generally proved beyond doubt that this was for real.


何の行動を控えなくてはならないかよく分かったし、違反したら絶対にばれることもよく理解したし、その膨大な報酬が必ずくることもよく分かった。これってさ、朝飯前じゃん!

So basically, I knew what I had to refrain from doing, I knew they'd catch me if I slipped, and I was assured of my reward if I complied. Given all this, it ought to be easy!


もし条件がこれよりもっと厳しくても(例えば制約がより多くて、一生も守らなくてはいけないとしても)、その褒美もより豪華であれば(例えば死後に永遠な極楽が待っていたら)、それでもお茶の子さいさい。

Even if the task were harder (say, more restrictions to obey, a lifetime term), were the reward also greater (say, eternity in paradise), it would have to be a breeze.


なぜならその褒美さえ信じていれば、従うのも難しくないはずだ。守るのがなかなか難しくてできないのであれば、それは本当に信じていないことの証拠ではないか。

Because if you believe in the reward, it should be easy to obey. If you find it difficult to obey, that's a sign you don't really believe in the reward, right?


(宗教の信者たちの中で、その信条が真実であることを「確実に知っている」と主張する者もいる。その同じ信者らはだいたい毎週のペースでその各々の神仏に対して「過ち」を告白して懺悔しなければならなくなってしまっている。明らかに彼らは信じていると主張する信条を実際には信じていないのではないか。)

(There are certain religious types who claim to "know" that what they believe is true. They also end up apologizing to their deity on practically a weekly basis for "making mistakes". The obvious conclusion is that they don't really believe what they claim to believe.)


絵暦

とにかく僕が億万長者の野郎の提案を断った。お金は全てじゃないからさ。

Anyway, I turned the billionaire guy down. Money isn't everything.