下駄脱がせ

僕が

 

言わなくて済むために

 

この機械が

 

「ありがとう」

 

と言ってくれる。

The machine

 

says

 

"Thank you"

 

so

 

I don't have to.


逆夢その一

月曜日にはあなたは立体視を失ってしまった。視界が画面のようになった。

Apparition no. 1

On Monday you lost your depth perception. The world became a screen.


逆夢その二

火曜日には、あなたにとって時間の経過を把握することが不可能になってしまった。因果が関係しなくなって、記憶がファイリングキャビネットの中身の書類がこぼれて床を埋め尽くしたようなものになった。

Apparition no. 2

On Tuesday you became incapable of apprehending the passage of time. Cause and effect came unglued. Memory was like a filing cabinet with all its papers spilled onto the floor.


逆夢その三

水曜日にはあなたは視覚を失ってしまった。つまづく頻度が高まった。

Apparition no. 3

On Wednedsay you lost the sense of sight. Toes were stubbed.


逆夢その四

木曜日には臭覚と味覚が一斉にあなたを置き去りにしてしまった。牛乳と焼酎、白菜と大トロ、きな粉と土、どれもが歯応えの対比のみになった。

Apparition no. 4

On Thursday the senses of smell and taste departed you in tandem. Milk and whisky, cabbage and beefsteak, biscuits and dirt, were all reduced to differing textures.


逆夢その五

金曜日の朝には、あなたの左耳が故障してしまった。気がつくまでは一時間も円を描くようにグルグル歩き回っていた。右耳は昼下がりまでもった。

Apparition no. 5

On Friday morning the left ear went. You walked in circles for an hour before realizing. The right ear lasted till mid-afternoon.


逆夢その六

土曜日にはあなたの手足が腸詰のように膨らんでしまって、あなたが胎児のように身体を丸めてしばし落涙してから夢の領域へとこっそり滑り去った。

Apparition no. 6

On Saturday your limbs ballooned like sausages, and you curled into a fetal ball, wept for a moment, and slipped into a dream.