ミネルウァのフクロウ

the owl of minerva only flies at dawn

君が欠伸をすると

 

音楽が半和音ほど下がる。

 

演奏家らは

 

じっと佇んでいるだけだが

 

楽器どもは踊っている。

You yawn and

 

the music drops a half-step.

 

The instruments are dancing

 

though the players are standing still.


子どもの頃、僕は同性愛嫌悪者だった。育ち方のせいにしてもいいのかな。周りの人々からもらった教訓もあって、彼らの考え方からも影響を受けたし、自分より地位の低い者を見つけてより低く突き倒そうとするという、青少年によく見られる傾向もあっただろう。

As a kid I was a homophobe. Blame my upbringing if you like. I suppose it was a combination of the messages I got from those around me and the juvenile need to find somebody—anybody—lower on the totem pole than me, and push them even farther down.

とはいえ、もし僕の周りにLGBTの方がいたとしても、カミングアウトしていなかったか、とにかく僕にはカミングアウトしていなかったから、その同性愛嫌悪の表現は不親切なジョークぐらいだった。もっと酷いことをしなくて良かったと、今は思う。

That said, if any of the people around me were LGBT, they weren't out. Or at least weren't out to me. So the furthest my homophobia ever expressed itself was in cruel jokes. I'm glad now I never went further.


ある友人らが僕の馬鹿げた態度を粘り強く突っ込んでくれたお陰で、その嫌悪を乗り越えることができた。同権の支持者となったが、それでもまだ机上の話だったんだ。実際には、他人の問題は自分の勝手じゃないという、善くも悪くも疎い態度を取っていた。

Thanks to the persistence of certain people in calling me on my bullshit, I managed to get over the active dislike, coming to sort of a truce position. On paper I was for equality, but I felt it wasn't my business either way.


しかし、時間が経つにつれてこの自分のスタンスは段々どうも腑に落ちなくなってくる。出身国ではLGBTの方々が民の頑迷と偏狭を克服しようとしているけれど、根深い偏見や無知にぶつかっている。そして今住んでいる国では、嫌悪が大っぴらに表されていなくてもLGBTの人が笑い者扱いをされていて、暗黙の無礼と排斥の対象とされて、つまり人間として尊重してもらえていなくて、日本式の嫌悪を受けている。

But as time goes by I find I can live with this attitude less and less. In the country I'm from, LGBT people are working hard to overcome bigotry but running against ingrained ignorance and hate. And in the country I live now, while the hatred isn't out in the open, LGBT people are treated as sort of a joke, an object of the silent disrespect and exclusion which is the form that bigotry often takes in Japan.


と同時に、そのアイデンティティをもっているだけで殺されてしまう場所も世の中に未だにあるのだ。

Meanwhile, there are parts of the world where being who you are can get you killed.


だから僕はもっと、為になる行動をしなくてはならないように感じている。少なくとももっと口に出さなくてはいけない。この日本では、レズビアンの人、ゲイの人、両性愛者、トランスジェンダーの人がもっと受け入れられるようになったら、僕自身もその分安心して暮らせるだろう。そういう環境の中で生きていきたいと思う。時々一言を言ったりするのがその為になるのなら、言うべきだと思う。

So I feel like I need to do more, at the very least to speak up more. I myself will feel more comfortable in Japan when lesbian, gay, bisexual, and transgendered people are openly accepted here. If saying a word now and again in support can help things along, I feel bound to speak.