欲望との死別

青い枝のように

 

ぬれた枝のように

 

愉快な夏場

 

という概念を

 

嘲笑している。

Weak

 

as a wet branch,

 

scoffing

 

at the idea of

 

a pleasurable summer.


突然の偏屈でごめん。

 

株式市場は、経済のほんの一部だけ、しかも大金持ちだけのための分野だ。一般人には直接的に関係のない分野。なのでその一部から社会の経済力を全体的に判断するのは、とても邪悪なことだ。一つだけの大手の企業が暴利をむさぼって、一千以上の小規模な会社がそれで倒産したら、その大手の株価が上がり株式市場が「元気」に見える。それで僕らはみんな暴利を得ていると空想したらいいのか。

 

株式市場のニュースは、ニュースの持ち主たちのためのニュースなのだ。

Sorry for the random rant...

 

The stock exchange is a sector of the economy that exists exclusively for the rich. How perverse to use it as a measure of the health of the entire economy. If one giant corporation makes money and a thousand small businesses go under, the stock indexes go up and we say that "we" are enjoying good times.

 

Stock news is news for the news-owners.