残念がらせ

こないだ

 

クモの海賊に出会った。

 

彼は

 

七つの眼帯を

 

つけていて

 

七本の義足をしていた。

I once met

 

a spider pirate.

 

It had

 

seven eye patches

 

and

 

seven peg legs.


耳の不自由だと言われていた作曲家、佐村河内 守。聴覚障害を持ちながら交響曲を作ったりしたとされ、有名になったが、全てが代作者によって作られたことが発覚。その上、耳の不自由も見せかけだけだったと言われている。つまり、一から十までペテンだった。

It's been revealed that the deaf Japanese composer Mamoru Samuragochi actually didn't compose any of his own music. He apparently had a ghostwriter. And in fact, it's alleged that he's been faking deafness to increase his mystique. In other words, he's a fraud from top to bottom.


だがなんと感傷的できれいなストーリーだったね。こんな美しい音楽が全聾者に作られたなんて、インスピレーションだね。多くの人々が熱烈に鵜呑みにしてしまった。

But how inspirational it was. To think that a deaf man could compose such music. People ate it up.


今頃、世の中の数々のミュージシャンは悔しくなってしょうがないだろう。そんな手に、自分が先に思いついたらいいのに、と。

How many musicians are there out in the world who are kicking themselves, wishing they'd thought of it first?


そして世の中に、真実を知ってその音楽の美しさが激減してしまったというリスナーも多々いるだろう。もちろん馬鹿げた話だ。その真実によって、音楽そのものの価値がどれだけ変わるのか。音楽としての価値はそもそも変わるべきなのか。なぜその音楽を愛したのか。音楽そのものが美しかったからなのか、それともその感傷的な背景があったからなのか。

And how many listeners are there out in the world who will find this music that much less inspiring now that they know the truth about it? Which of course is stupid. This new information—how much does it, or should it, change the value of the music? Did people love the music for its own sake, or for the inspiring backstory?