Stars and Phoenomena

青白い匂い。

お経の匂い。

煙草と肌の匂い。

 

今日の自分の声が、

頻繁に被らない帽子のよう。

 

できちゃった婚のような声。

なんだろう、今日の、念の残った自分。

Pallid odors.

Like sutra paper.

Like tobacco and your skin.

 

Today I have a voice like a hat you seldom wear.

 

Voice like brides in trouble.

What's with this gloomy vexation today.


この前、匂いのデザイナーという仕事をしている人に出会った。興味深い職業だよね。

Some time ago I met a guy with a job I'd never heard of. He was an odor designer.


例えばザ コカ・コーラ カンバニーが新しい飲み物を発展しているとき、その人の会社に依頼してその飲み物の匂いを作ってもらう。けっこう大金になるらしい。

Say Coca Cola is putting out a new drink. They hire his firm, and he comes up with an odor for the drink. And apparently pulls in huge sums.


そんな仕事あるんだ。そんな仕事をするように頼まれてもどこからやればいいか僕にはさっぱり分からない。というか興味は皆無だ。飲み物などの味によって匂いもそのまま決まるとてっきり思っていたかも。

If Coca Cola asked me to come up with a new odor, I wouldn't know where to start. And actually wouldn't care. I'd unconsciously assumed that you'd work out the flavor of the drink and the odor would be a byproduct of that.


自分に分からない仕事を、世の中の誰かがやってくれていると知ると、なんだかほっとしながら不思議。

It's nice to know somebody out there is taking care of these things, but also weird.


果たしてためになる仕事なのかな。コカコーラの匂いなんかどうでもよくない?でも自分の仕事や創っている音楽だってためになるかと問われるとあまり自信がないから、コカコーラの匂いを作る芸術家(臭術家?)も一応認めてあげておこう。

At first I thought, does the world really need odor designers? But then it occurs to me that someone could say the same about my job (or my music) and I wouldn't really have an answer. So I'll grant you your odor designers if you leave me alone in return.