my teeth floated out of my mouth

彼女の息子は

家に

火をつけた。

 

彼の母は

ベッドに入ったまま

亡くなった。

 

近所の人らに

最後まで

嫌われていた。

Her son

set

the house on fire.

 

His mother

died

in bed.

 

Disliked by the neighbors

right

until the end.


責任という概念に関してちょっと思い巡らせてみた。

I've been thinking about the concept of responsibility.


例えばハリケーンが到来してあなたの家が倒壊したとする。あなたは訴える。「なぜ私の家がガレキになっているのか。」

その答えは「なぜならハリケーンが家を倒してしまったからだ。」

Say a hurricane comes and blows down your house. You might ask, "Why is my house reduced to sticks and timbers?" The answer would be, "Because a hurricane blew it down."


しかしあなたが再度訴える。「いや、それじゃない。なぜ?誰のせいなのか。誰を責めたらいいのか。」そういう質問に意味がない、道理の誤謬に基づいた質問だと主張する人もいるだろう。でも僕は、筋の通った質問だと思う。「ハリケーンのせいだよ。ハリケーンを責めてもいい。」

But someone might ask, "No, why? Whose fault is it? Who can I blame?" Some people might think this represents a mistake in logic, but I think it's perfectly fine to say, "It's the hurricane's fault. Blame the hurricane."


脳の化学やら遺伝やらの影響で僕が何かの行動をするとすれば、次のように疑問に思う。「こう行動したのは本当に僕なのか、それとも脳の化学的な偶然による出来事だけなのか。」でもそれに対しての突っ込みはすぐに思い浮かぶ。「誰の脳なのか。自分の脳以外の何物でもないんじゃない。」

If as a result of brain chemistry or the vagaries of genetics, I commit a particular act, I could ask, "Did I choose this act, or was it brain chemistry working apart from me?" But the obvious retort is, "Whose brain chemistry?"


ハリケーンは僕だ。ハリケーンはあなただ。

I am the hurricane. You are the hurricane.