泡沫夢幻の葉腋

雄牛 絵 by pluie
絵 by pluie

はい、いらっしゃいませ。どうぞお入りください。

 

はい。いや、ペットではありません。一応わたくしはここの経営者でございます。

 

はい、その通りです。いや、冗談ではありません。

 

雌牛ではなく。はい、そうです。雄牛です。その違いとは。何をおっしゃいますか、お客様。

 

はい、こちらにございます。上流な磁器ですね、もちろんです。こちらは食器類、ワイングラス、花瓶など。クリスマスの装飾品はそちらです。あらゆるタンブラーは窓側の方で。

 

おや!あら、まあ。大変失礼いたしました。いや、わたくしが… よくありますよ、この身の大きさで… いや、こちらが悪いです。自分で片付けますからお気になさらず。

 

えっ、何をおっしゃいますか。まあ… そうですが。それもありますね。うちの… 商品はですね。なんというか、年季の入った商品に特化しております。

 

まあ。そうですね。壊れていますね。厳密に言えば。

 

いいえ、棚に出ている品物は全部です。

 

そう平たく言われてですね、まあ、否めませんが。そうです。驚きでもないですね、おっしゃるとおりです。やはりわたくしは、はい、雄牛ですから。おっしゃるとおりです。

 

そんなに滑稽なことでしょうか?

 

かしこまりました。是非またいらしてください。ああ、そうですか、もういらっしゃらないですか。それは残念でございます。

 

いや、乳をしぼられるのはメスのほうですが。

 

ありがとうございました。またお越しくださいませ。

Hello. Welcome. Step right in, sir.

 

Yes. No, not a pet, sir. I am the proprietor.

 

I assure you, yes. Not a joke. Owner and operator, sir.

 

Not a cow, sir. A bull. The difference? I'm surprised you ask.

 

Yes, right this way. Fine china? Of course. We stock dinnerware, toasting flutes, vases. Christmas ornaments are this way. Tumblers of every variety by the window displays.

 

Oh! Oh, dreadfully sorry. I've just—well, yes, it seems every time I turn around, this sort of thing—no, really, I'll clean it up myself.

 

I beg your pardon? Well... yes. There is that. The—the merchandise. We do carry quite a bit of... shall I say, weathered merchandise?

 

Well, I suppose, yes. Broken, sir. Strictly speaking.

 

No, sir, what you see is what we have.

 

Well. I can hardly deny it when you put it so plainly, but. Yes, yes indeed. Not surprising at all, being that I am a. As you say, sir, yes. A bull.

 

Is it really so amusing, sir?

 

I see. Well, please do come again. Oh, you won't be? I am sorry to hear it, sir.

 

Yes, sir. No, it is the female of the species that gives milk, sir. But I thank you for the suggestion.

 

Good day, sir.