嫌われ下手

da mihi castitatem et continentam, sed noli modo
da mihi castitatem et continentam, sed noli modo

先生よ

 

私の自己嫌悪を

 

治してくれよ。

 

いや、今すぐじゃない。

 

(精神科医にアウグスティヌスが言う)

Please, doctor,

 

cure my self-hatred—

 

but not yet.

 

(said Augustine

 

to his psychiatrist)


僕が思うには、あらゆる人間関係には不均衡が絶対に生じる。

 

子どもは親をある程度信頼しているが、親はそれほど子どもを信頼していない。お互いに信頼しているけど、程度は異なる。

 

彼女は彼氏をある程度愛しているが、彼氏はそれほど彼女を愛していない。お互いに愛しているけど、程度は異なる。

 

遠くへ引っ越した親友は私のことを淋しく想うが、私はそれほど向こうのことを淋しく想わない。程度の問題。

 

両当事者が天秤に載って、片方が上がり、片方が下がる。場合によって僕らは上がる方も下がる方も経験する。そして、下がる方、つまり想いの強い方、がずっとつらいと僕は思う。

It seems to me that in every human relationship, there is an imbalance.

 

A child trusts her parent to a great degree, while the parent trusts the child less. They trust each other, but not equally.

 

A woman loves her boyfriend greatly, while he loves her less. They love each other, but not equally.

 

A friend who has moved away misses me terribly, while I miss him less. It's a question of degree.

 

Both parties sit in the scales, one rises, the other falls. Sometimes you are the one who rises; on another occasion, you are the one who falls. And the one who falls—the one whose feelings are stronger—always suffers more.