満足の致死量

アリたちは

我々人間たちがどんだけ

でかいって

気付いたら

ひどく怖がるだろう

きっと。

If the ants

knew

how big and powerful

we humans are,

imagine

how they'd panic.


今夜は渋谷ウエステッドタイムで単独で演奏をしてきた。

 

聴きに来てくれた方々、ありがとう。そしてお店と共演者に大変お世話になった。

 

自分の演奏力が低下していることを確認した。なけなしの演奏力がまたも低下しちゃったんだ。泣ける。

I played a solo set tonight at Wasted Time in Shibuya.

 

Thanks to all who came to listen, and to the venue and the other artists.

 

Experimental results indicate that I suck even more than before at music. Must have been the month off.

 


一番手の出演者はシロマル◯テイストさん。女子ピアノ弾き語りで、今回はギタリストさんと二人で演った。気の良くポジティブで落ち着いた感じのポップス。彼女のサイト

First to play was Shiromaru Taste, a female piano-based singer-songwriter—upbeat, positive, relaxed. She played this time with a guitarist. Her site.


二番手は小生。曲目:

  1. 惚れ薬
  2. 0+0-0
  3. 積荷信仰
  4. 砂読み(SoundCloud)
  5. 衰亡
  6. 指紋

This machine played second. Set list:

  1. horegusuri
  2. 0+0-0
  3. tsumini shinko
  4. sunayomi (SoundCloud)
  5. suibo
  6. shimon

三番手は山路貴澄さん。圧倒的に元気な男子アコギ弾き語り。彼の元気が「陽子(ヨウシ)」で僕の不元気が「反陽子」だとしても、こちらの反陽子が全て尽くされても向こうの陽子がまだまだ無限のようにあるような、激しい滝のようにみなぎる元気なのだ。彼のサイト

Third was Takasumi Yamaji. An overwhelmingly peppy male singer-songwriter on acoustic guitar. If his pep were protons, and my anti-pep were antiprotons, even after all my antiprotons had been neutralised, he'd still be swimming in pep. His site.


トリを飾ったのはアカリノートさん。洗練された、歌声のきれいな男子アコギ弾き語り。彼のサイト

Then Akari Note topped the bill. A male singer-songwriter on guitar with a pretty, refined singing voice. His site is here.


さて。次のライブというと、話が早いけど19日に梯子ノ上デは演り初めのライブがある。詳しくは梯子サイトへ

 

そして25日にまたソロライブがある。その詳細は当サイトに載っている

And... the next hashigo show is on the 19th, in just a few days. Details on the hashigo site.

 

And I've got a solo show on the 25th, the details for which are here.