泥酔地帯

お前の場違いは


場のせいである。

If the shoe fits

 

blame the shoe.


オイディプスが実父を殺して実母と結婚したのは、宿命だったのか、それとも先決だったのか。

 

「自由意志」の問題だと僕は思う。

 

もしオイディプスには自由意志があるものなら、そしてその自由意志があるに関わらずどんなに自由意志を発揮するとしても、最終的な結果(父を殺し、母と結婚してしまうこと)は決して変えられないものであれば、それは「宿命」である。

 

すなわち、もし人間には外界に影響をたまに及ぼせるような自由意志という力があって、でもそれでもどんなにもがいてもある定まった結果は何をしても避けられないのであれば、そこに「宿命」というものは存在する。

 

だが、もしオイディプスには自由意志というのが無くて、脳の化学的な仕組みや遺伝、状況や背景、宇宙大爆発以来の全ての一連の出来事などによって定まっているように振る舞っているだけであれば、それは宿命とは根本的に違うのだ。ただの先決だけである。

When Oedipus killed his father and married his mother, was it fate, or was it predetermination?

 

To me it comes down to the question of free will.

 

If Oedipus has free will, but regardless of how he exercises his will, the final outcome—killing his father, marrying his mother—cannot be evaded, then it was fate.

 

In other words, "fate" exists if humans have free will, which they can exercise sometimes to influence the world—but when, nevertheless, certain outcomes are fixed and no amount of free-will struggling will avert them.

 

But if Oedipus has no free will, but acts in ways entirely determined by his brain chemistry or molecular structure, his background or environment, and the whole chain of events stretching back to the Big Bang, then what he does is not fate. It is merely predetermined.