似て非なる激怒

面白いよ。ある実験に関してちょっと面白い文章を読んだ。二人の被験者が、交替ごうたいに相手の指に圧力をかけるという実験だ。指に圧力をかける専用の機器で。その機器は、一人が指を入れて、もう一人が手で押して圧力をかける。どれだけかけているか、機器が量る。

now this is interesting. i read something about an experiment in which two participants used a machine to apply pressure to each other's fingers. one inserts a finger, the other pushes a bar to apply presure. the machine measures the exact pressure applied.

it's over there, not over here

科学者が被験者に出した指示はこれだけ:

 

「相手にかけられた圧力、自分の番になったら同じ程度の圧力をまたかけなさい」

 

つまり、一人がある強さで押したら、もう一人は同じ強さで押すんだ。

 

どうなったかと思う?

the scientists told the subjects: "on your turn, apply the exact same pressure to your partner's finger as he's just applied to yours."

 

in other words, they take turns, each trying to match the pressure of the other.

 

what do you think happened?


fleur

交替する度に、前回に相手に押された圧力と同じ圧力で押そうとしても、それ+約40%で相手の指を押してしまう。

 

8回交替したら、押している圧力は初回の18倍にまでなってくる。

with each turn, the participants applied about 40% more pressure than their partners had on the prior turn.

 

after eight rounds, they were applying 18 times the original pressure.


知覚の問題だね。被害するときと、加害するときとは、感覚が全く違う。

 

やはり「自覚」が不可欠なんだな。この僕に自覚があるとは主張しないが、原則として不可欠だね。自分の心さえ信頼できないから、自分が間違っているかもしれない("I might be wrong")ことを常に可能性の一つとして念頭に置かないとダメ。

it's a problem of perception. your measure of harm depends on whether you're giving or receiving it.

 

self-doubt is indispensible. you must always remind yourself, "i might be wrong" (a song title, hey). you can't even trust your own mind, so susceptible is it to self-serving bias.


さて。今夜はライブをしてきた。吉祥寺のフォースフロアで。曲目:

  1. 余韻 (YouTube)
  2. 不正データ (YouTube)
  3. owls in daylight (YouTube)
  4. にんまり
  5. 液体
  6. 砂読み (YouTube)

so. played a show tonight at fourth floor in kichijoji. set list:

  1. yoin (YouTube)
  2. fusei data (YouTube)
  3. owls in daylight (YouTube)
  4. ninmari
  5. ekitai
  6. sunayomi (YouTube)
dripping in diamonds

共演者の一番手は、デイジーショーさん。アングラアイドルをもじったお姉さん。皮肉ったブラック・ユーモア満載。こんなの初めて見たんだし、面白かった。

 

二番手はNOLAさんという女子弾き語りで、三番手はHALKOZZZYさんという男子二人組。

the first artist on the bill was called daisyshow. a sort of black parody of an underground pop idol. sarcastic, humorous. i've never played with someone like that before—it was fun.

 

second was a female SSW called NOLA, and third was a male duo called HALKOZZZY.


turn your gaze

そして… 明日もライブだよ。またソロ。詳しくはこちら

 

そして最近気になったビデオ:

and... i've got a show tomorrow. another solo gig. details here.

 

here are some songs that i like:


Frank Ocean。ジャンルを超えた神妙な演奏。

Belly。こりゃなつかしいな。

Darren McClure。知り合いだよ。てかちょっと遠い知り合いだけど。