受動攻撃性

最近乱暴についての本を読んでいる。面白いけれど日本語で説明するのは僕には難しい。現在と過去を比べて、乱暴(殺人など)の率が見事に下がってきていると主張する本。その原因も追求する。非常に治安の良いこの国に住んでいると忘れやすいけれど、確かに僕の祖国であるアメリカは小さい頃からちょっと物騒な感じだったな。

i've been reading a book on violence, which claims that violence through human history has been steadily declining. the part i'm on now focuses in particular on murder rates. and it tries to get into causes of the decline. interesting stuff. reading it reminds me of the slight sense of danger you always have when you're in the u.s.

no exit

ホラー

さて。昨夜吉祥寺フォースフロアで単独で演奏をしてきた。最初の出番は僕だった。曲目:

  1. 0+0–0
  2. 諸行無常
  3. 逃げ窓
  4. ややこしい(YouTubeにて試聴
  5. 無我夢中
  6. 不正データ(YouTubeにて試聴
  7. 例えばどう?
  8. なかざにゑ

anyway. played a solo show at fourth floor in kichijoji last night. i went first. set list:

  1. 0+0–0
  2. shogyo mujo
  3. nigemado
  4. yayakoshii (listen on YouTube)
  5. mugamuchu
  6. fusei data (listen on YouTube)
  7. tatoeba do?
  8. nakazaniye

その次は山本眞奈美ちゃん。女子アコギ弾き語り。好感がもてる飾り気のない質素なポップス。その次はおおしたしんごさんという男子アコギ弾き語り。二人とも以前もフォースフロアで共演したことがある。

after that came manami yamamoto. unadorned modest pop with a charming simplicity. following her, a male SSW called shingo oshita. i've played shows with both of them before at fourth floor.

strainer

undrunk leftover

たまに自分が窓で、世界がその外で流れて消えていく景色だという物悲しい感じになる。空虚ながらも自己中な妄想か。

 

次のライブは16日。三鷹のおんがくのじかんが立てたイベントに梯子ノ上デは参加する。24日にも梯子ノ上デのライブがあるんだけど、今月は梯子は何だか良さそうなライブが連なっている。詳しくは梯子サイトまで。

i'm a window, and the world is the scenery vanishing past... sadness and solipsism mixed?

 

on the 16th, hashigo is playing in an event at ongaku no jikan in mitaka. we've got another show after that on the 24th. for some reason hashigo has a string of good shows coming up this month. details are on the hashigo site.